「教育」別冊

なくならない「いじめ」を考える

教育科学研究会

「いじめ」はどこでも起こりうる。その現実を直視したうえで、子どもたちが安心できる人間関係はどうしたら築けるのか、子ども、青年、保護者、教師、カウンセラー、研究者が考えあう。

なくならない「いじめ」を考える
判型(サイズ)
A5判
ページ数
192ページ
商品コード
978-4-337-46027-0
対象
小学校低学年 小学校中学年 小学校高学年 中学生 高校生
初版
2008年2月5日
分類
教育書 > 実用書
(教育政策)

定価2,200円 (本体2,000円+税)在庫あり

カートにいれる

「いじめ」の現実―当事者たちの声…「啓祐の死と向き合っていま考えること」ほか
「いじめ」相談の現場から…「子どもの生活世界と『いじめ』問題」ほか
子ども・青年が「いじめ」を考える…「インタビュー・子どもは『いじめ』をどう見ているか」ほか
教育行政の「いじめ」対応とその問題…「いじめ実態調査などの動きをめぐって」ほか