本年2017年は国土社80周年の節目の年でございます。
これまでの道のりを支えて下さった皆様に、心より御礼申し上げます。
これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

80周年を記念し、同じく70周年の節目の年を迎える理論社と共に、本の町神保町の児童書専門店「神保町ブックハウスカフェ」で、歴史ある2社の作品を多くのお客様にご覧いただけるイベントを企画いたしました。どうぞお立ち寄りくださいませ。

開催会期
2017年11月3日(金)~ 2017年11月13日(月)
開催時間
11:00~17:00
開催場所
こどもの本専門店 神保町ブックハウスカフェ2F
ブックハウスギャラリー
〒101-0051
東京都千代田区神保町2-5 北沢ビル1F
https//www.bookhousecafe.jp/
イベント名
国土社80周年・理論社70周年記念展示会
主  催
(株)国土社/(株)理論社

展示内容企画

  • 「国土社・理論社Gallery」 … 原画や社史を中心とした展示
  • 「国土社Library」「理論社Library」 … 子ども向けのシリーズキャラクターなどのパネルや紹介、記念撮影や読書ができるスポットのある展示
  • 「著者講演会・ワークショップ」 … それぞれの著者による講演、ワークショップを予定。どなたが来るかお楽しみに!

※企画は変更になる場合がございます。何卒ご了承ください。

ワークショップ

『親子で楽しむワークショップ 壁かざりで季節をたのしむ』

早未恵理さん

【プロフィール】

早未恵理(はやみ・えり)

子どものための造形作家。
子どもと楽しむ親子の生活・遊び・工作・手芸など、独自の創作を発表している。
現在、幼児教材テキストの遊び監修や子育てへの指針・応援エッセイなどのほか、「かこさとし ふるさと絵本館」の親子工作・イベント企画、公園・遊具のデザインなども手がけている。
2009年久留島武彦文化賞受賞。主な著書に、「子どもと楽しむ遊びのヒント」(飛鳥新社)、「ど★デカ工作」(主婦の友社)、「みんなでつくろう!季節と行事で壁をかざる立体工作」(国土社) など多数。

(日時)11月5日(日)13:30~15:00
(対象)幼児~小学生
原則として親子での参加 代表者名で申し込み、同伴者の年齢と人数を備考欄に記入してください。
(定員)10組
(持ち物)不要

【注】著者イベントには、お申し込みが必要です。

『国土社80周年×理論社70周年×ブックカフェ』記念イベントは、専用フォームからお申し込みいただけます。
複数のイベントにお申し込み可能ですが、イベント毎に、1回のお申し込みが必要です。
定員を超えた場合は、抽選となります。
当選された方のみにメールにてご連絡致しますのでご了承ください。

お申し込みフォームへ

【同時開催】理論社70周年企画イベント

ミニトークショー 『長さんが「笑わせる」とき』

工藤直子さん

【プロフィール】

工藤直子(くどう・なおこ)

1935年台湾生まれ。詩人・童話作家。
コピーライター時代に詩を書き自費出版の詩集を出す。
1981年「飛ぶ教室 創刊0号」に詩「てつがくのライオン」を発表し、1982年、理論社から詩集『てつがくのライオン』(絵・佐野洋子/日本児童文学者協会新人賞)を刊行。
その後、詩集に出て来るイルカとクジラによる詩と言葉の作品集『ともだちは海のにおい』(絵・長新太/サンケイ児童出版文化賞)、同じくライオンとカタツムリとロバによる作品集『ともだちは緑のにおい』(同前/芸術選奨新人賞)などを刊行。
1984年に刊行を始めた『のはらうた』シリーズが2017年完結。
その他に『あ・い・た・く・て』『こどものころにみた空は』『ねこはしる』『うたのてんらんかい』『でんせつ』『おいで、もんしろ蝶』『「いる」じゃん』、エッセイ『象のブランコ』『まるごと好きです』などがある。

(日時)11月3日(金・文化の日)14時~15時半
(対象)一般
※未就学児の方はご入場できません。ご同伴者のお申し込みは、お子様であっても別途お申し込みが必要です。
(定員)30名
【トークショー終了後、会場で工藤直子さんご著書をお買い上げのお客様に限り、サイン会を行います。トークショーにご参加されなかった方でもサイン会には参加できますが、お時間に限りがございますので15時半までにご来場ください。】

【注】著者イベントには、お申し込みが必要です。

『国土社80周年×理論社70周年×ブックカフェ』記念イベントは、専用フォームからお申し込みいただけます。
複数のイベントにお申し込み可能ですが、イベント毎に、1回のお申し込みが必要です。
定員を超えた場合は、抽選となります。
当選された方のみにメールにてご連絡致しますのでご了承ください。

お申し込みフォームへ

ミニトークショー 『小さな出会いからはじまった~ 理論社とわたし』

岩瀬成子さん

【プロフィール】

岩瀬成子(いわせ・じょうこ)

1950年山口県岩国市で生まれる。
今江祥智氏との出会いがきっかけとなり、1978年『朝はだんだん見えてくる』(理論社刊・日本児童 文学者協会新人賞)でデビュー。
その後も、『額の中の街』『あたしをさがして』『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』(小学館文学賞)、『ステゴザウルス』(路傍の石文学賞)、『そのぬくもりはきえない』(日本児童文学者協会賞)『まつりちゃん』『くもりときどき晴レル』『ピース・ヴィレッジ』『きみは知らないほうがいい』(産経児童出版文化賞大賞)『ぼくが弟にしたこと』『マルの背中』など、子どもたちの微妙な気持ちをていねいに描いた作品が多い。
最近は幼年童話『なみだひっこんでろ』『あたらしい子がきて』(野間児童文芸賞・JBBY賞)『春くんのいる家』などの作品も手がける。

(日時)11月4日(土)14時~15時半
(対象)一般
※未就学児の方はご入場できません。ご同伴者のお申し込みは、お子様であっても別途お申し込みが必要です。
(定員)30名
【トーク終了後、会場で岩瀬成子さんご著書をお買い上げのお客様に限り、サイン会を行います。トークにご参加されなかった方でもサイン会には参加できますが、お時間に限りがございますので15時半までにご来場ください】

【注】著者イベントには、お申し込みが必要です。

『国土社80周年×理論社70周年×ブックカフェ』記念イベントは、専用フォームからお申し込みいただけます。
複数のイベントにお申し込み可能ですが、イベント毎に、1回のお申し込みが必要です。
定員を超えた場合は、抽選となります。
当選された方のみにメールにてご連絡致しますのでご了承ください。

お申し込みフォームへ