保健室で見る感染症の本

保健室で見る感染症の本 (3)「食中毒」編

近藤とも子

食中毒の多くは、食物についたバイ菌が体内に入って症状が出てくるものです。しかし、ノロウイルス感染症やO-157などは、食中毒なのにインフルエンザウィルスのようにうつります。こうした食中毒だけど感染症をやさしく説明。

保健室で見る感染症の本 (3)「食中毒」編
判型(サイズ)
B5判
ページ数
32ページ
商品コード
978-4-337-17103-9
対象
小学校中学年 小学校高学年 中学生
初版
2013年3月25日
分類
児童書 > 実用書
(学習・自由研究)

定価3,024円 (本体2,800円+税)在庫あり

カートにいれる